乗用車の《全損》とは名称が示すとおり自動車のすべてが破損してしまう状況、すなわち走行することができない等乗用車として機能を果たさなくなった場合に判断されますが、自動車の保険における《全損》は少し同義ではないニュアンスが含まれています。乗用車の保険では乗用車が壊れた状態で【全損と分損】などと2つの結果に区別され、「分損」は修理の費用が補償金でおさまる事を示しその場合とは逆に〈全損〉とは修復費が補償金の額を超えてしまうケースを言い表します。自動車の修理で《全損》という場合エンジンに修復できない損害を抱えていたり車の骨組みが変形して修繕が不可能な場合リサイクルか廃車にするのが一般的です。けれども、事故の後にディーラーや車の保険屋さんがそのような修復費を計算した場面でどんなに外観がしっかりとして修繕が可能な状態でも修理のお金が補償よりも高くては何を目的として自動車の保険にお金を負担しているのか分からなくなります。そのような状態では、(全損)と判定して車の権利を自動車保険の会社へ引き渡して保険金額を支払ってもらうシステムとなっています。当然の事ですがそれなりの期間乗り続けた車でこだわりがあり自腹で直してでも乗りたいと希望するひとは多くいるのでケースにて保険会社と相談するといいのかもしれません。なお、自動車の保険の中にはこのような時が想定され特約などの【全損】のために特約ついている場合があり万が一自動車が【全損】なったケースでも新車購入など必要費用を一部補償してくれる場合もあったりします。さらに盗まれた際の補償金の特約をつけているならば被害にあった愛車がなくなった場合も全損となり補償金が支払われるシステムになっているのです。